女性に抵抗はないのか!テレクラを使う女性の本音にせまる

男性と女性の心の感じ方や、性格は大きく異なります。「これくらいいっても大丈夫だろう」と思って発言した言葉が、女性を傷つけてしまう。

少しばかり苦い経験を男性は一度や二度、したことがあるのではないでしょうか。

水着姿の女性のお尻

クレジット=ツーショットダイヤル https://maxgroup.jp/

男女の違いってどこから生まれてくるのだろうか

しかし男女の違いというのは不思議なもので、男が思っているほど女性は単純ではありません。むしろ男性が女性のことを考えれば考えるほど、女性からすれば「全く違う」という意見を持つことが多いのです。

こうした違いは、人間が生まれたときから違う。すなわち私たち人間の設計上、男性と女性には大きな違いが生まれるように作られているといえるでしょう。

男性がよいものと思っても女性がよいものとは思わない

たとえ男性が「これはよいものだ」と思っても、女性がよいものだと思うとは限りません。趣味の世界を見てみるとよくわかるのですが、圧倒的に男性が多い趣味と、男女の比率がだいたい同じくらいの趣味に分かれます。

女性が圧倒的に多い趣味もありますが、男性のそれに比べれば数はぐっと少なくなりますね。ある意味、男性はこだわりが強く、女性はこだわりをそれほど持たないという性質があるからこそ、趣味の数が絞られてくるのかもしれません。

誰もが使うサービスに求められること

世の中で提供されているサービスの中でも、男性も女性も問わずに使うことができるサービスには、どちらにもうけるサービス内容でなければなりません。

男性にのみ受けのよいサービスでは意味がありませんし、女性のみに受けのよいサービスもまたしかりです。世の中には男性と女性がいて、その人たちが自社のサービスを使うのだということを意識しながらサービスを作っていかないとなかなか事業拡大は図れないのです。

テレクラって誰でも使うものだよね?

そこで誰もが使うサービスを考えてみると、テレクラなんかは誰もが使うサービスとして有名です。少し昔の男女の出逢いの事情をご存じの方ならば、一度くらい使ったことがあるのではないでしょうか。

一時期に比べれば数はぐっと減りましたが、現在でも営業を続けている会社がありますのでテレクラを使うことは何も難しいことではありません。

SMプレイで使用しそうな道具

女性は本当に利用しているのかな

ところでテレクラには女性の利用者はいるのでしょうか。男性が女性と大人の話、恋愛の話やエッチな話をしたいときに利用するわけですが、女性の利用者がいなければ意味がありません。

最近ではサクラというやっかいな存在もいますから、本当に利用する女性がいなければ意味がありませんね。

抵抗を持っていたらきっと使わないであろう

もしも女性がテレクラに対して「こんなもの使いたくない」という抵抗感を持っていたならば、きっと今頃テレクラの女性利用者は誰もいらっしゃらないでしょう。

男性よりも女性は、直感力や洞察力に優れていますから悪いものには悪いという判断をつけやすいのです。抵抗を抱くというのも、悪いという判断を何らかの完成によって得たからこそ抱く感情なのかもしれません。

さあ女性はどう感じているか本音に迫ってみる

そこで今回は、テレクラを使っている女性がいるのかどうかということ。またテレクラを使っている女性は、テレクラに対してどのような感情を抱いているのかということについてお話ししていきたいと思います。

女性が思っているテレクラに対する本音はいったいどんな感じなのでしょうか。